ビジネスコミュニケーション進化系

チャット × ビデオ会議

LINC Biz

遠くにいるメンバーとも情報を共有しながら
いつでもどこでもミーティングできます。

これまでのビジネスコミュニケーションツールの不満を解消

ビジネスチャット機能に加え、資料共有や音声/ビデオ会議が可能なビジネスパッケージです

ビジネスチャット機能では、テキストでのメッセージだけでなく、各種ファイル(資料・静止画・動画など)をドラッグ&ドロップで手軽に共有できます。業務コミュニケーションの活性化や迅速な意思決定につながります。
ITツール導入へのハードルを高いと感じたり、業務コミュニケーションに課題を感じたりしている方でも、気軽にはじめられるフリープランを用意しました。(2020年1月中旬以降、別途有料プランを提供開始予定)

ビジネスチャットと音声/ビデオ会議のシームレスな連携を実現

ビジネスチャットでの議論から、ワンアクションで音声/ビデオ会議に参加できます。ビジネスチャット上で共有している資料(PDF)を、音声/ビデオ会議上でも表示しながら議論を進めることができます。
ホワイトボード機能を備えているので、会議の参加者はペン機能やテキスト入力機能を使い、メモやアイデアを自由に書き込みシェアできます。

企業のご要望に応じ、ビジネスチャットをベースにした拡張機能を提供致します(受注対応)

本サービスのビジネスチャット機能や各企業内のITシステム、外部のクラウドサービスと連携させることで、個別の業務に応じた効率的な拡張機能を実現します。
セキュリティ面では、当社のデーターセンターを活用し、信頼のおける環境で安心してお使いいただけます。

チャットからワンクリックで音声/ビデオ会議へ

「会議に入る」をクリックするだけで、音声/ビデオ会議へ

資料を共有しながら音声/ビデオ会議ができる

参加者は画面上で共有された資料に自由に書き込みが可能

様々なビジネスシーンでLINC Bizを活用
働き方改革を支援

販売員、フィールド作業者との情報共有、管理

チャットによる手軽なやりとりで、複数の現場との情報共有を短時間で行うことができ、共有漏れや伝達ミスを防ぐことができます。位置情報管理システムやスケジューラーと連携すれば、現場スタッフの見える化を実現し、最適な現場作業のスケジューリングが可能となります

外出先での報告書の作成と本部一括集計業務

報告管理の仕組みと連動させることで、チャット上で報告書の作成が完了します。移動中でもスマートフォンからの入力で簡単に報告書を作成できるほか、提出状況を管理し、未提出者には自動で警告します

FAQチャットボットによる問い合わせ業務

申請や事務手続きなど、社内でよくある質問をチャットで問合せると、自動で回答する「FAQチャットボット」を組み込み、社内の問合せ業務を効率化できます。
FAQチャットボットサービスのみの提供もございます。詳しくはこちらをご覧ください。

※これらの機能は今後提供予定です。

LINC Biz料金プラン

フリー

0 / 月
  • チャンネル数:最大15
  • ストレージ上限:2GB/組織
  • 同時ビデオ会議数:1(最大3接続)

スタンダード

350 / 月
  • チャンネル数:制限なし
  • ストレージ上限:ご契約数×1GB
  • 同時ビデオ会議数:2~

※スタンダードプラン内容は予定です。
※表示価格はすべて税別です。

アプリケーション

アプリケーションをダウンロードいただくと、より快適にご利用いただけます。
※PC版アプリケーションは今後提供予定

主な機能

利用形態
対応Webブラウザ
Google Chrome / Firefox / Safari / Microsoft Edge
※iOSはSafariのみ対応
モバイルアプリケーション
Android / iOS
PCアプリケーション
2020年1月中旬以降提供開始予定
ビジネスチャット
チャンネル
・メッセージ投稿(テキスト、絵文字、ファイル)
・投稿内容の編集/削除(自身の投稿のみ)
・チャンネルからの脱退
・チャンネルへのメンバー追加
・チャンネルの管理(削除、名前変更)
ダイレクトメッセージ
・メッセージ投稿(テキスト、絵文字、ファイル)
・投稿内容の編集/削除(自身の投稿のみ)
検索
・キーワード入力
・条件指定(投稿者、チャンネル、日時など)
通知
・モバイル、PCに通知可能
・チャンネル毎の通知/非通知設定
・宛先による通知/非通知設定
音声/ビデオ会議
会議開催、会議参加
・チャンネル/DMに会議案内のメッセージを投稿。
・メンバーは、会議案内をクリックして参加
資料共有、ホワイトボード
・PDFファイルの会議資料共有
・ホワイトボード機能(資料への書き込み)
・会議中のコメント付きファイルの生成、共有
・PCデスクトップの共有
・PCアプリケーションの共有
ゲスト機能
・会議への招待メールの発行
・参加者の強制退場