ビジネスチャット × ビデオ会議

Home > BCP対策

◆◆◆◆◆ 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース) ◆◆◆◆◆

LINC Bizは、支給対象となる取組「クラウドサービスの導入」に該当します。

[対象事業主] 労働時間の改善等を目的として、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主
[申請期限] 令和2年12月1日まで(支給対象事業主数は国の予算額に制約されるため、12月1日以前に受付を締め切る場合があります。)

詳細については、厚生労働省のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

助成金の申請に必要なLINC Bizの見積書など、当社のサポートが必要な方は、お気軽にご相談ください。
ご相談はこちら

◆◆◆◆◆ 事業継続緊急対策(テレワーク)助成金 ◆◆◆◆◆

LINC Bizは、助成対象経費「6.クラウドサービス等ツール利用料」に該当します。

[助成対象事業者]
 1. 常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、東京都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
 2. 東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること
 など
[助成事業の実施期間] 支給決定日以後、令和2年9月30日までに完了する取組が対象です。
[助成金上限額] 250万円 ※予算に限りがありますので、お早めに申請ください。
[助成率] 10/10

詳細については、東京しごと財団のホームページをご確認ください。
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kinkyutaisaku.html

助成金の申請に必要なLINC Bizの見積書など、当社のサポートが必要な方は、お気軽にご相談ください。
ご相談はこちら

台風、洪水、感染症などの
BCP(事業継続計画)対策はできていますか?

突然、社員を出社させられない事態に。
こんな時、あなたの会社は維持できますか?

オフィスに社員がいないと・・・

直接、口頭で指示できない!
紙の資料が渡せない!​
会社のメールが使えない!
仕事してるのか不安だ!

いざという時は、個人メールや個人SNSで連絡…
いえいえ、ちょっと待ってください

個人メールや一般的なSNSをビジネスで使うと危険!?

セキュリティ脆弱性

個人SNSなどの利用でビジネスとプラベートが混在すると、アカウントが個人管理に依存し、ビジネスで要求されるセキュリティレベルを保てない可能性があります。

内部統制不備

個人メールや個人SNSは企業側でコントロールできないため、監査用ログなどを残すこともできません。また社員が離職した後などにも思わぬトラブルにつながる危険性があります。

情報漏洩

個人用SNSなどは容易に外部と連絡が取れ、誤送信による情報漏洩リスクが高まります。逆にプライベートな情報を会社宛に送信してしまいトラブルが生じることもあります。

企業の存続は、コミュニケーションを停滞させない仕組みの導入にかかっています。

LINC Bizなら、コミュニケーションを停滞させません

在席確認可能な

ビジネスチャット

×

いつでもどこでもつながる

ビデオ会議

いつでもどこでも安全に社員同士や取引先と業務連絡や商談を円滑に行えます

自社データセンター

国内で運用管理

当社が運営管理する国内設置のデータセンターで安心してご利用頂けます。

PC/スマホ⇔クラウド

通信を暗号化

端末とクラウドをつなぐインターネット回線の通信は暗号化(SSL)し、盗聴や改ざんのリスクから、大切な情報を守ります。

クラウド上のデーター

暗号化して保存

企業ごとに独立した専用のサービス環境を用意しております。より安全性を高めるため、お預かりするデータはすべて暗号化して保存いたします。

●AIoT、LINC Bizは、シャープ株式会社の商標または登録商標です。